トップページ > トピックス > ソーラー市場過熱傾向、日本版FITのゆくえは!?

トピックス

2012
31
Oct


▼10月30日Yahooニュース↓こちら
「エネルギー新時代:過熱するソーラー市場、政策依存脱却へ正念場」
※別ウインドウで開きます。時間の経過により、記事が削除されている場合があります。
 ご了承下さいませ。

上記ニュースによりますと、7月より開始した固定価格買取制度で
太陽電池メーカーの業績も改善するなど、国内の太陽光関連の
ビジネスが過熱しているが、政策からのバブル景気との見方もあり
持続性が疑問視されているとのことです。

---------------------------------------------------------------
■各メーカーは今年度、好景気
---------------------------------------------------------------

《三菱電機》 ・好調
        ・フル稼働が3年ぶりに見込める
        ・前年度は赤字だったが黒字に

《京セラ》  ・黒字の見通し

《Panasonic》 ・国内生産量がマックス

《ソーラーフロンティア》・想定以上の需要がある
             ・初めて黒字になる可能性が

これら好景気の背景は? ⇒2012年7月開始の固定価格買取制度(FIT)
   
           24年度価格 42円/1kWあたり

 10kW以上に関しては、住宅用に比べ1.8倍の水準に設定された

---------------------------------------------------------------
■法律で定められた3年間
---------------------------------------------------------------

固定価格買取制度
 
 最初の3年間は再エネ設備の設置者の利潤に特に配慮
することが法律で定められています。

 これが、いわゆるニュースでよく見かけた【制度開始後3年間のプレミア価格】 
と呼ばれるもので、毎年価格の見直しが行われ早めの導入が有利といわれたわけです。


---------------------------------------------------------------
■2012年度はメガソーラーが増加した
---------------------------------------------------------------

《メガソーラー計画》に積極的な大手企業

 ・近畿日本鉄道
 ・オリックス
 ・三井化学
 ・丸紅
 ・ソフトバンク

《太陽光の立地》上位を占めるのは...

 ・北海道
 ・鹿児島県
 ・福岡県
 ・鳥取県
 ・山口県 


《メガソーラーの設置、土地の貸し出しを検討している!?》

・全事業全体
・全地方自治体

 
但し...「政府公認の利回り保証」 ⇒ 国民負担によるもの
                  懸念されている


---------------------------------------------------------------
■来年度以降の水準次第!?
---------------------------------------------------------------

 「長期的な収益確保へのハードルが高まっている」という。

---------------------------------------------------------------
■太陽光発電、日本版FITなどの将来
---------------------------------------------------------------

・メーカー各社が発電コストを低減

・家庭向け電気料金と同等以下になる「グリッド・パリティー」の
 実現が必須となる

・政策に頼らない自立した産業に脱皮する

          ↓  ↓  ↓

  2015年頃には実現可能 と、業界関係者の見方はほぼ一致する


他には...

・中国など海外勢を交えた競争は激化する見通し

・太陽光の変換効率の向上

・シリコンなどの原材料価格の低下

・電気料金は火力電力の増加により上昇傾向

---------------------------------------------------------------
■日本版FIT
---------------------------------------------------------------

・不確定要素が多い

・調査会社も警告する日本の買取価格!

・バブルを引き起こすモデル

・3年後FITがあるかどうか分からないと懸念されている

・米カリフォルニア州の支援制度を学ぶべき

---------------------------------------------------------------
■政府の難しい決断
---------------------------------------------------------------

・需要拡大を優先するのか

・電気料金の抑制に配慮するのか

・毎年更新される買取価格

・政権による政策自体の変更など

---------------------------------------------------------------
■42円の買取価格を保証されるのは...
---------------------------------------------------------------

固定価格買取制度で42円の価格保証は、(来年)2013年3月末までに

全ての手続を完了した発電事業者のみです。

そのため、今時点で駆けこみ参入が増えている。

---------------------------------------------------------------
■固定価格買取制度とは?
---------------------------------------------------------------

2012年7月1日から開始した制度です。

【10kW以上の全量(固定価格)買取制度

こちら⇒ 全量固定価格買取制度
(ヒロトモエナジーのサイトへジャンプします)


【固定価格買取制度に関するお問い合わせ】は、
以下の窓口までお願いします。
 
 ※PHS、IP電話からは、03-5520-5850
受付時間:9:00~20:00(土日祝除く)


▼ヒロトモエナジーで太陽光発電を設置を御検討の方は
 ●簡単お見積り
 ●資料請求 へどうぞ。
---------------------------------------------------------------
■固定価格買取制度に必要な設備認定基準とは?
---------------------------------------------------------------

認定を受けるためには下記の基準を満たす必要があります。

【10kW以上の太陽光発電】の場合

●平成24年度価格:42円(40円+税)
●期間:20年


○調達期間中、導入設備が所期に期待される性能を維持できるような
 保証又はメンテナンス体制が確保されていること

○電気事業者に供給された再生可能エネルギー電気の量を計量法に
 基づく特定計量器を用い適正に計量することが可能な構造となって
 いること

○発電設備の内容が具体的に特定されていること
(製品の製造事業者及び型式番号等の記載が必要)。

○設置にかかった費用(設備費用、土地代、系統への接続費用、
 メンテナンス費用等)の内訳及び当該設備の運転にかかる毎年度の
 費用の内訳を記録し、かつ、それを毎年度1回提出すること。
 ただし、住宅用太陽光補助金を受給している場合は不要。


○【既存設備のみ適用】
 既存の発電設備の変更により再生可能エネルギー電気の供給量を
 増加させる場合にあっては、当該増加する部分の供給量を的確に
 計測できる構造であること


○パネルの種類に応じて定める以下の変換効率以上のものであること。
 (フレキシブルタイプ、レンズ、反射鏡を用いるものは除く。)
・シリコン単結晶・シリコン多結晶系  13.5%以上
・シリコン薄膜系 7.0%以上
・化合物系 8.0%以上


○【屋根貸しのみ適用】
 (1)全量配線となっていること。
 (2)設置場所が住宅の場合は居住者の承諾を得ていること。


(出典:経産省 資源エネルギー庁)

----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------


当社で設置をお考えの法人様へご案内です。
 受付開始しております!!

【グリーン投資減税】


■対象期間:2011年6月30日から2014年(平成26年)3月31日までの期間内

■対象企業:青色申告書を提出する法人  10kW以上の設置

■税制優遇
中小企業者の場合...税制措置を選択的に受けることができます

 中小企業者:法人税7%相当額の税額控除

 青色申告している法人:取得価格額の30% 
             ⇒2014年(平成26年)3月31日まで

 即時償却の場合の条件
  2013年(平成25年)3月31日までに太陽光発電設備を取得すること

※この制度に関する問い合わせ先
 
      資源エネルギー庁総合政策課調査広報室
       電話:03-3501-5964(直通)


ヒロトモエナジーで太陽光発電を設置を御検討の方は⇒こちら(ヒロトモエナジー本サイトへジャンプします)からどうぞ。
詳細をお伝えします!!


-------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------
≪関連≫(ヒロトモrナジー本サイトへジャンプします)
◆全量買取制度について
◆なぜ太陽光発電を導入するのか
◆広がりつつある!?屋根貸しビジネスマッチング事業
◆全量買取制度Q&A
◆固定価格買取制度の駆け込み参入増加!!屋根貸し土地貸しも
*  *  *  *  *

>> このページの上部へ >> トップページへ