トップページ > トピックス > 遊休地活用で伸びる太陽電池の世界市場、今後のゆくえとは?

トピックス

2012
01
Oct


▼9月29日Yahooニュース↓こちら
「太陽電池の世界市場、需要を供給が上回る伸び 遊休地活用、メガソーラー計画参入企業続々」
※別ウインドウで開きます。時間の経過により、記事が削除されている場合があります。
 ご了承下さいませ。

上記ニュースによりますと、2012年7月1日より開始した固定価格買
取制度により、多くの企業が市場参入を決め、遊休地の有効活用も
兼ねてメガソーラーにも参入する企業が増えているという内容から
世界的な広がり、コスト面からも、2011年から買取制度開始後は
どうなるのか?という内容です。

---------------------------------------------------------------
■続々企業が参入する太陽光!
---------------------------------------------------------------

・9/11発表!【三井不動産】13メガワット
2013年度の稼働を目指して建設

・9/6発表!【アジアグループ】3箇所合わせて3.7メガワット
北海道内3か所でメガソーラー発電所の建設を始めた

---------------------------------------------------------------
■世界にも広がりを見せている
---------------------------------------------------------------

富士経済の調査結果によりますと...

・2012年9月14日発表

・太陽電池の世界市場の出力ベース
       2011年 3万3058メガワットだったのが
                    ↓ ↓
       2012年 4万105メガワットに増加が見込まれている


     さらに約17年後の2030年には 12万8600メガワットまで
     拡大すると予測されています。

  これは2012年の見込みから、3.2倍も拡大することになります。
 
・世界的な広がり ⇒ アメリカやインドでの需要増は牽引する  

---------------------------------------------------------------
■気になる太陽電池コストは!?
---------------------------------------------------------------

・ 2011年 4兆286億円だったのが
                    ↓ ↓
   2012年 3兆209億円まで現象する見込み


 約17年後の2030年には4兆5520億円に拡大

---------------------------------------------------------------
■価格の減少、拡大はどうして?
---------------------------------------------------------------

・太陽電池の在庫量の増加

・原料安による製造コストの低減

   ↓ ↓
 上記により太陽電池価格の下落が生じる


例>スペイン固定価格買取制度の改正でインセンティブが
  引き下げられ市場が縮小した


---------------------------------------------------------------
■「難しい経営判断が必要」
---------------------------------------------------------------

・太陽電池や太陽電池の原料の需要が拡大する

   ↓ ↓
・供給量ほどの拡大にはならない

   ↓ ↓
・在庫が余る、増加

   ↓ ↓
・販売先を確保するための価格競争が激しく起こる


反省点:需要を見誤ったメーカーの過剰供給により価格が下落


政策の変更というリスクは常に付きまとうので、今後の動向が
注目されています。


----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------


当社で設置をお考えの法人様へご案内です。
 受付開始しております!!

【グリーン投資減税】


■対象期間:2011年6月30日から2014年3月31日までの期間内

■対象企業:青色申告書を提出する法人  10kW以上の設置

■税制優遇
中小企業者の場合...税制措置を選択的に受けることができます

 【2012年4月17日 グリーン投資減税の定義が変更されています】

※この制度に関する問い合わせ先
 
      資源エネルギー庁総合政策課調査広報室
       電話:03-3501-5964(直通)


ヒロトモエナジーで太陽光発電を設置を御検討の方は⇒こちらからどうぞ。
詳細をお伝えします!!
-------------------------------------------------------

2012年7月1日から開始した制度です。

【10kW以上からの全量(固定価格)買取制度

こちら⇒ 全量固定価格買取制度
※ヒロトモエナジーCSRのHPへジャンプします。

*  *  *  *  *

>> このページの上部へ >> トップページへ