トップページ > トピックス > 固定価格買取制度の駆け込み参入増加!!屋根貸し土地貸しも

トピックス

2012
24
Oct



▼10月24日Yahooニュース↓こちら
「ルーフリース発電盛況!? 太陽光パネル、九州は最24適」
※別ウインドウで開きます。時間の経過により、記事が削除されている場合があります。
 ご了承下さいませ。

上記ニュースによりますと、ルーフリース(屋根貸し)発電の
増加に加え、固定価格買取制度の42円の価格が保証される来年3月末
の〆切を背景に駆けこみ参入が増え、土地貸しに名乗り出る
自治体も出てきている事、などが分かりました。

---------------------------------------------------------------
■屋根貸し事業参入を表明しているのは
---------------------------------------------------------------

・ロハスHD

・ソフトバンク

・東京都(屋根貸しマッチング事業)


---------------------------------------------------------------
■注目されている「屋根貸し」
---------------------------------------------------------------

「屋根貸し」は固定価格買取制度にともない、注目されている。

・自治体も屋根貸しに参入

・日本では九州が始めて自治体も始めると表明

・久留米市の県立4校の校舎屋上の利用希望者を募り好評だった

【屋根を貸すメリット】

・賃料収入

・遮熱効果を得られる

---------------------------------------------------------------
■屋根だけでなく「土地貸し」も現る!
---------------------------------------------------------------

・土地貸しの名乗りでた自治体

・鹿児島県枕崎市

・枕崎空港の跡地(11万㎡)を発電事業に貸し出す方針の発表

---------------------------------------------------------------
■42円の買取価格を保証されるのは...
---------------------------------------------------------------

固定価格買取制度で42円の価格保証は、
(来年)2013年3月末までに全ての手続を完了した発電事業者のみ
です。

そのため、今時点で駆けこみ参入が増えている。

---------------------------------------------------------------
■固定価格買取制度とは?
---------------------------------------------------------------

2012年7月1日から開始した制度です。

【10kW以上の全量(固定価格)買取制度

こちら⇒ 全量固定価格買取制度
(ヒロトモエナジーのサイトへジャンプします)


【固定価格買取制度に関するお問い合わせ】は、
以下の窓口までお願いします。
 
 ※PHS、IP電話からは、03-5520-5850
受付時間:9:00~20:00(土日祝除く)


▼ヒロトモエナジーで太陽光発電を設置を御検討の方は
 ●簡単お見積り
 ●資料請求 へどうぞ。
---------------------------------------------------------------
■固定価格買取制度に必要な設備認定基準とは?
---------------------------------------------------------------

認定を受けるためには下記の基準を満たす必要があります。

【10kW以上の太陽光発電】の場合

●平成24年度価格:42円(40円+税)
●期間:20年


○調達期間中、導入設備が所期に期待される性能を維持できるような
 保証又はメンテナンス体制が確保されていること

○電気事業者に供給された再生可能エネルギー電気の量を計量法に
 基づく特定計量器を用い適正に計量することが可能な構造となって
 いること

○発電設備の内容が具体的に特定されていること
(製品の製造事業者及び型式番号等の記載が必要)。

○設置にかかった費用(設備費用、土地代、系統への接続費用、
 メンテナンス費用等)の内訳及び当該設備の運転にかかる毎年度の
 費用の内訳を記録し、かつ、それを毎年度1回提出すること。
 ただし、住宅用太陽光補助金を受給している場合は不要。


○【既存設備のみ適用】
 既存の発電設備の変更により再生可能エネルギー電気の供給量を
 増加させる場合にあっては、当該増加する部分の供給量を的確に
 計測できる構造であること


○パネルの種類に応じて定める以下の変換効率以上のものであること。
 (フレキシブルタイプ、レンズ、反射鏡を用いるものは除く。)
・シリコン単結晶・シリコン多結晶系  13.5%以上
・シリコン薄膜系 7.0%以上
・化合物系 8.0%以上


○【屋根貸しのみ適用】
 (1)全量配線となっていること。
 (2)設置場所が住宅の場合は居住者の承諾を得ていること。


(出典:経産省 資源エネルギー庁)

----------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------


当社で設置をお考えの法人様へご案内です。
 受付開始しております!!

【グリーン投資減税】


■対象期間:2011年6月30日から2014年(平成26年)3月31日までの期間内

■対象企業:青色申告書を提出する法人  10kW以上の設置

■税制優遇
中小企業者の場合...税制措置を選択的に受けることができます

 中小企業者:法人税7%相当額の税額控除

 青色申告している法人:取得価格額の30% 
             ⇒2014年(平成26年)3月31日まで

 即時償却の場合の条件
  2013年(平成25年)3月31日までに太陽光発電設備を取得すること

※この制度に関する問い合わせ先
 
      資源エネルギー庁総合政策課調査広報室
       電話:03-3501-5964(直通)


ヒロトモエナジーで太陽光発電を設置を御検討の方は⇒こちら(ヒロトモエナジー本サイトへジャンプします)からどうぞ。
詳細をお伝えします!!


-------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------
≪関連≫(ヒロトモエナジー本サイトへジャンプします)
◆全量買取制度について
◆なぜ太陽光発電を導入するのか
◆広がりつつある!?屋根貸しビジネスマッチング事業
◆東京にて再生可能エネルギーシンポジウム開催!
◆固定価格買取制度 24年度価格42円で お考えの法人様は【11月中にお問合わせ】下さい!!
*  *  *  *  *

>> このページの上部へ >> トップページへ