太陽光発電について

なぜ、いま太陽光発電なのか?

安定した収益性。エネルギー問題の解決にも貢献。

太陽光を受けると電気エネルギーを発生する太陽電池で構成されたソーラーパネルによって発電する方式が太陽光発電。石油・石炭などの化石燃料に比べてCO2の排出がなく、資源が豊富な太陽光であるため、地球環境に優しいエネルギーであることはご承知のとおりでしょう。

太陽光発電事業は利回りが大きく、固定価格買取制度によって産業用は20年間、買取価格が下がらないため、収益性も安定しています。

投資の対象として大きなメリットがありますが、もちろんデメリットも存在します。その両面をしっかりと把握し、メリットを最大限に活かすことが事業を成功させる重要なポイントと言えるでしょう。

太陽光発電のメリット

電気代の削減と災害時の非常対策。補助金制度も有効。

最も明解なメリットといえば、やはり自前で発電できること。地球環境への貢献度が高く、導入にあたってのハードルが低いため設置可能な面積・場所が多いです。売電に関して買取価格は下がっていると思われがちですが、固定買取価格制度により20年間が変動がありません。また、機器の性能が向上し、変換効率も上がっています。

補助金制度もいまだ有効で、節税制度を利用できる場合もありますので、よりローリスクな投資として活用することができます。

太陽光発電のデメリット

試算を誤ると早期売却の可能性。土地のトラブルも。

もちろんメリットばかりではありません。まず、導入にかかるコストが大きく、収支のシミュレーションを誤ると早期売却の憂き目に合うことも考えられます。夜間はもちろん発電せず、天候によって発電量は左右されることも不安要素。蓄電したい場合はさらに蓄電池の導入にもコストが必要になります。固定買取が終了した20年後の懸念もあるでしょう。パートナー選びの際はこうしたデメリットへの対応、考え方を見極めるべきでしょう。

業者の上手な選び方

ただの仲介業者に注意。ノウハウや運営の実績を重視。

太陽光発電所の購入・売却を仲介する業者には、いくつかのタイプが存在します。

「専門業者」
売却希望者と購入希望者の取り持つ仲介事業を専門に行う業者。太陽光発電事業への理解や知識が確かで、仲介のためのネットワークを持っていれば頼れるパートナーになります。中古買取を主に行う業者の場合、査定価格が低くなる場合があるので要確認。
「関連業者・異業種」
太陽光発電の機器製造、施工・メンテナンス、コンサルティング、不動産など関連する業者が仲介事業を行っている、または異業種からの新規参入する場合です。太陽光発電所の実際の運営にどれだけ理解があるかが、選定のポイントになります。
「情報サービス業者」
WEBサイトなどで発電所の購入・売却情報を掲載し、購入・売却希望者をマッチングさせる業者。購入・売却双方の事情を理解していれば、活用の価値は大きいを言えます。
太陽光発電の中古売買市場は発展途上で、業者の新規参入が続いています。「太陽光診断.com」を運営するヒロトモエナジーは、産業用太陽光発電所の施工・メンテナンス事業を発端に、自社で複数の発電所運営を行うことでノウハウを蓄積。新たにWEBサイト運営も開始し、3つタイプの強みを併せ持っています。こうした特色を持った業者はなかなか存在しないと自負しておりますので、太陽光発電所の売却・購入でお困りの際は、ぜひご相談ください。
かんたんネット診断
お問い合わせm

メールフォーム・お電話で
お気軽にご相談ください

0798-56-7982

受付時間 :平日 10:00 〜 18:00

ヒロトモエナジー 太陽光診断.com 担当まで

ページの上部へ